履歴書や職務経歴書の書き方

転職サイトを利用して転職したいところを見つけていく場合は
大抵のところで登録をする際にweb履歴書を作成することになると思いますが、
最近の転職サイトではスカウト制度を導入しているところも多いので
web履歴書の作成は仕事を見つける上で重要なポイントになっています。

履歴書は基本的に自分の学歴や経歴などを情報として書くものですが、
web履歴書の場はサイト側があらかじめ専用の入力フォームを用意してくれていると思うので、
これを利用することによって簡単に情報を登録していくことが可能になります。

また、取得している資格がある場合も
必ず取得している資格をアピールすることが大切ですが、
転職を考えている企業の仕事から考えて取得している資格が
役に立たなくても資格を取得するということは
継続的に勉強をすることができるという印象を与えるので継続性という点で評価されます。

転職サイトによってweb履歴書のフォーマットは異なっているので一概には言えませんが、
転職サイトの中にはこれまでの職歴から学んだことを文章として書くようなところもあれば、
自分のアピールポイントをかなり多く記入しなければならないところもあります。

しかし、それだけ自分をアピールすることができるという風に
考え方をプラス変換させることが大切であり、
企業側も柔軟力があるスタッフなどを欲しているところが多いので
相手が求めることに対してはできるだけ簡潔になおかつ柔軟な対応を心がけましょう。

転職サイトにはいろいろな種類があり、
開設している会社にもさまざまな種類がありますが、
運営している会社が違うことによって転職サイトにも特色があり、
スカウトサービスが充実しているところもあれば、
コンサルタントのサービスをメインにしているところもあります。

いずれにしてもこういった転職支援のサービスを利用することで
自分の転職活動の追い風にすることができると思いますが、
転職サイトを利用して求人情報などを探して応募をしていくと
職務経歴書の作成という壁にぶちあたる人も出てくると思います。

履歴書であればあらかじめ用意されているフォーマットで
問われていることに対して答えるだけで作成することができるため、
手間はかかっても作成すること自体はそう難しい物ではないと思います。

しかし、職務経歴書になってくるとこれまでの職歴を
自分でフリースタイル書式で作成していく必要が出てきますが、
どれくらい書くかということも何を書くかということも
すべて自分で決めていく必要があります。

あらかじめアピールしたい部分が決まっているのであれば
自分で作成することもそう困難に感じないかもしれませんが、
どうやって書いていいのか分からない人からすると悩むポイントでもあると思います。

お勧めとしてはインターネットにサンプルが
多く掲載されているのでサンプルをチェックして参考にするという方法で、
フォーマットの作成や内容などを見て作成していくとよいでしょう。

コメントを残す